公認動物看護師とは?

公認動物看護師とは動物病院で働く獣医師のサポートが出来るよう、専門知識を身に着けた動物看護のスペシャリストです。人間の看護師のような国家資格ではありませんが、公認動物看護師の資格を有することで就職活動は有利に働くでしょう。

公認動物看護師の情報を求める人におすすめです。

看護や治療がスムーズに行われるよう補助をするほか、飼い主と獣医師の間に入って治療がスムーズに行われるよう手助けをすることもあります。

公認動物看護師の資格は初級、中級、上級の三種類とがあり、段階を踏んで取得していきます。

動物に関する基礎的な学習から徐々に応用的な知識を身に着け、最終的には採血やレントゲン、麻酔など動物病院で行われる様々な検査や治療の補助が出来るように鍛えていきます。



点滴や投薬など、動物の種類や体の大きさによって治療内容が全く異なるため、幅広い知識を身に着けることが求められます。


ペット人気の影響から一般的な動物病院だけでなく、自宅で看護や介護をしている動物の往診にも役立つため、取っておいて損はない資格でしょう。
また、公認動物看護師の資格を有しているとペットホテルやペットショップ、ブリーダーなど幅広い場所で需要があるため、自分の可能性を大きく広げることが可能です。



受験して見事合格することが出来れば公認動物看護師のライセンスは永久的に継続され、途中で更新などの手続きを行うことも不要であるため、うっかり更新を忘れるといった危険が無くて安心です。動物の命を守るために尽力したい人は是非この資格を取ってみると良いでしょう。